デリケートゾーン 臭い 重曹

デリケートゾーンの臭いは重曹で落ちる?

デリケートゾーンの臭いケアで自宅にあるものでやれる方法として身近にあるのは重曹です。
デリケートゾーンに重曹を使うとよいでしょうか。副作用はないのでしょうか。
このページでは重曹の基本的な情報や、使った時のメリットデメリットを紹介します。

 

 

重曹とは何か

デリケートゾーンに使う前に重曹の基本情報を確認しておきましょう。

 

デリケートゾーンのにおいは重曹で落ちるのか?!重曹の効果と副作用

 

重曹の素敵な名前は炭酸水素ナトリウムです。
重曹は臭い消しに使われますが、それ以外にも薬に使われたり消化器の中に
使われたり色々な用途があります。
化学的な性質は透明の結晶から白い結晶の粉末状になっているものです。
そして水に溶けると弱アルカリ性になるので中和という性質もあります。

 

 

重曹の使い道

重曹の使い道は消臭作用はもちろんのこと、足の臭いや脇の臭いを落とすのに使われています。
研磨剤として汚れを落としたり胃薬のように医薬品に使われていたり、お菓子作りのベーキングパウダーにも使われています。

 

 

重曹はデリケートゾーンの臭いに効果があるのか

重曹には消臭作用がありますので、足の臭い同様、デリケートゾーンの臭いも緩和できます。
消臭効果だけではなく毛穴の中を洗ったり黒ずみを落とす力もあり、重曹石鹸というものが売られています。

 

 

デリケートゾーンにはリスクが高いかも

黒ずみの効果がある臭い抑える効果があるなど魅力的な成分なのですが、デリケートゾーンに使うのにはリスクが少し大きすぎる成分です。

 

というのはデリケートゾーンは角質層がとても薄いところだからで、足の裏は40歳の角質がありますが、デリケートゾーンは6層しかありません。

 

それで研磨剤にもなる重曹は少し刺激が強すぎます。
また重曹石鹸はデリケートゾーン用に作られているのではなく、手足や背中・顔を洗うために使う作られているものです。