デリケートゾーン 臭い 対策

デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーンを正しくケアするには洗いすぎに注意する、丁寧に洗うというのももちろんなのですが石鹸選びも重要なポイントです。
そこでこのページではアルカリ性の石鹸を選んだ方が良いのか弱酸性が良いのか見ていきたいと思います。

 

デリケートゾーンの石鹸は弱酸性と弱アルカリ性、どれを選べば良いのか

 

デリケートゾーンは弱酸性

ご存知の方も多いかもしれませんがデリケートゾーンは弱酸性な場所で体の表面ではとても酸性が強いところです。

 

肌が薄いという特徴も

デリケートゾーンは皮膚というより粘膜です。
他の肌の部分と比べると角質という肌の一番表面にあるバリア層がとても少ないです。
それなので体の他のそれと比べると石鹸がしみやすいといったトラブルが起こるので石鹸選びが大切といわれるわけです。

 

弱酸性の石鹸と弱アルカリ性の石鹸のメリット・デメリット

 

どちらの石鹸にもメリットデメリットはあります。

 

弱アルカリ性の石鹸

固形の石鹸は化学的な理由(アルカリ成分と酸性成分を混ぜて作っている)から弱アルカリ性です。

 

弱アルカリ性石鹸のメリット

弱アルカリ石鹸のメリットはターンオーバーを早くしてくれるところ
普通のボディーソープで体を洗うと皮膚のカスが出てきますよね。
これは古い皮膚が剥がれたという証拠です。
これは黒ずみの対策をしたい女性にとって大きなメリットです。

 

アルカリ性石鹸のデメリット

弱アルカリ性石鹸のデメリットはデリケートゾーンに強すぎるということ
まず一番に弱酸性の環境ですからアルカリ性は異なる性質です。
そして弱アルカリ性石鹸は洗浄効果が強いのでバリア機能まで落としてしまう副作用もあります。

 

 

弱酸性の石鹸

弱酸性メリット

弱酸性石鹸の良いところはデリケートゾーンの環境に近い酸性度であるということ同じ酸性なので肌のダメージが弱いてな簡単に想像できます。
善玉菌は弱酸性の環境で繁殖しやすいので善玉菌の活動を助けるという意味にもなります。

 

弱酸性の石鹸のデメリット

しかし悪い面もあります。
それは洗う洗い落とす力が弱いこと、そして皮膚の新陳代謝を活発にする力がアルカリ性石鹸より弱いので黒ずみには効果が見込めません。

 

石油系の界面活性剤に注意

石鹸には界面活性剤という油汚れ落とす成分が配合されていますが、これが石油系のものかどうかという点に注意が必要です。
というのは引受のものは洗浄能力が協力でデリケートゾーンの肌荒れを招きやすいですし善玉菌など洗い流してしまうからです。

 

まとめ

肌が比較的強いかたや黒ずみケアをしたいという方はアルカリ性石鹸、
ボディソープがしみていたりかゆみなどが起こりやすい方は弱酸性石鹸がよいでしょう。