陰部 臭い 食べ物

食生活の変化もデリケートゾーンのにおいを悪化させる

デリケートゾーンの臭いはすそワキガなど体質自分では改善できない原因がある反面、食べ物など食生活生活習慣の影響も無視はできません。

 

 

最近ワキガ体質になったりして、デリケートゾーンの匂いが気になる女性が増えているのは食生活が欧米化してきたことも理由の一つです。

 

そこでこのページでは食べ物を改善する事で臭い対策できないか探っていきます。

 

 

デリケートゾーンの臭いを抑える食べ物

陰部の臭いを良くする食べ物|食生活から臭いを改善

 

デリケートゾーンの臭いというのは身体全体の臭いを改善する方法になります。
普段食べている食事に簡単に取り入れられるのでぜひ意識してみてください

 

 

食事で改善できるのは腸内環境

食事を良くして改善できるのはデリケートゾーンの直接の臭いではなく腸内環境です。
腸内環境というのは腸内にいる善玉菌・悪玉菌などの常在菌のこと
もう一つは老廃物の排出サイクルです。

 

腸内には大豆善玉菌と悪玉菌が戦っていますが、善玉菌の活動が終わってしまうと嫌な臭いがする悪玉菌が大量に繁殖してしまいます。
老廃物の排出サイクルはズバリ便秘のことです。
便は腐った食べ物や死んだ細胞でできているのでなるべく早く排出した方が良いは良くなるのは当然のことです。

 

 

腸内環境を良くしてくれる食べ物

 

食物繊維が多く含まれる食品

陰部の臭いを良くする食べ物|食生活から臭いを改善

食物繊維が多い食物は食べ物などの残骸を早く外に排出してくれる働きがあります。これはきのこや野菜海藻に多く含まれています。

 

抗酸化作用のある食べ物

体内で脂肪酸が酸化することでデリケートゾーンの臭いを含む体臭が悪くなってしまいます。
この酸化を防いでくれるのがポリフェノールなどの抗酸化成分入っている食べ物です。
例えばベータカロテンやビタミンcなどのを多く含んでいる人参かぼちゃのような食材、緑黄色野菜、イソフラボンなどを含んでいる大豆、カテキンという抗酸化成分を含んでいる緑茶などがその代表例ですね。

 

アルカリ性食品で臭いを解消

体はともすればは酸性に傾きがち
肉類などの酸性食品を多くとっているという食生活やストレスで乳酸が体に溜まってくると体が酸性になってしまいます。

 

これを食べ物で中和しようとアルカリ性食品を取ろうというわけです。
アルカリ性食品は野菜や果物や海藻干した野菜大豆など酸性食品は肉類・魚介・卵・穀類です。

 

 

食べる量を抑えたい食品

脂っこいもの・肉類の脂身

すそわきがでも肉類油っこいものなどは控えといた方が良いです。
というのは肉類などに入っている油は摂り過ぎると皮脂腺の活動活発にさせる働きがあるからです。
臭いの原因になる皮脂が多く出てしまいます。

 

 

にらやにんにくなど匂いが強いもの

口から食べて腸内で消化された食べ物は血液に乗って全身に流れます。
ですので臭いの強いものを食べるとデリケートゾーンの臭いがひどくなってしまいます。

 

 

特にすそわきがは遺伝によるところが大きいので食べ物だけで全部は解決できるわけではありません。

 

しかし普通の人でも体臭の強くなりやすい食べ物とそうでない食べ物があります。
ですのでそのような食べ物は避けにおいが良くなる食べ物を積極的に摂取するに越したことはありません。